我孫子 サイエンスカフェ
トップ これまでのテーマ 講師紹介 当カフェ紹介 宇宙の楽しみ 星に名前を2019 星に名前を2015

<参加申し込み>の欄に移動

我孫子サイエンスカフェ@ZOOM : 2024年7月28日(日)<オンライン>(無料)

第62回 テーマ:行き先未定の実験を目指すキッチン地球科学の紹介
 -アストロバイオロジーへの道、納豆菌で火星農業

    
講師: 栗田敬
東京工業大学・地球生命研究所 教授

 「何だこれは?」と戸惑いをひきおこす分からない実験を大学や高校の教育

の場に導入する運動を行っています。高校では数年前より「探究学習の時間」

が必修になり、現場ではその運営方法に多くの混乱が生じているようです。

このような場こそ「分からないキッチン地球科学」の登場の場だと考えて都立

高校を中心に複数の高校で実験授業をしてきました。そのネタのいくつかを

紹介し、家庭で楽しむ「動手頭脳刺激実験」への勧誘です。

メインのテーマは「アストロバイオロジーへの道、納豆菌で火星農業」です。



栗田 敬博士


チョコレートを好む納豆菌 ベッコウ飴クラック
チョコレートを好む納豆菌
納豆菌の呼吸活動によって発生するCO2ガスの濃度変化
目と耳で体験する地震発生:ベッコウ飴クラック
ベッコウ飴を氷水で冷やしていくとクラックが発生していく

味噌汁対流のダイナミックな動き

味噌汁対流のダイナミックな動き
味噌汁対流のダイナミックな動き 味噌汁対流の時計
各場所に設置した温度計の計測値、バーストが起きている時間が分かる


 味噌汁対流の実験映像  https://www.youtube.com/watch?v=euxkhUeEzE4




喫茶店の雰囲気で科学を語り合いましょう。

 コーヒーを片手に「サイエンス」をもっと楽しく知り、

  自然の謎としくみに思いを馳せてみませんか。

 質問・議論 大歓迎!

あなたの参加をお待ちしています。
宇宙の話


(参考)   味噌汁の実験から考えるマントル対流


           
我孫子カフェの光景 
 
サイエンスカフェの光景(第9回 太陽系のなりたちと系外惑星 細谷暁夫:動画)
 
サイエンスカフェの光景(第13回 素粒子で探る宇宙の謎 政池明:動画)
 
オンラインカフェの光景(第56回 地球を知るための火星学 栗田敬 :動画)
 


日時 2024年7月28日(日)午後1:00〜2:40      
方法 ZOOMによるオンライン
参加費 無料
定員 50人
申し込み方法 [準備中]:Peatixでの申込(*1)
下の「参加申し込み」をクリックしてお申し込みください。
画面に従って記入・操作していただくと「チケットの申し込み」が完了し、折り返し
「お申込み詳細」メールが届きます。(*2)(*3) 
参加申し込み(左のボタンをクリック。Peatixの画面に移行します)(*4)
問合わせ E-Mail: abikoscience1@gmail.com (送信時は全角の@を半角英字の@と入力してください) 
0297-82-3070 福元 


*1:Peatixは数ある同種のイベント案内サイトの中でも広く使われているものの一つで、
会場開催だけでなくコロナ以来いまだ発展途上にあるといえるオンラインイベント開催方法の変化や、
案内情報処理にも迅速でタイムリーな対応が期待できます。

*2:
新規登録の方法(Peatix初回申込時)

 予め「パスワード」を定めておくと円滑に登録できます。
 パスワードは下記のすべての条件に当てはまる必要があります。
・最低8文字以上
・英小文字を含む
・英大文字を含む
・数字を含む
・特殊文字(!?#*など)を含む

*3:オンラインイベントに参加する方法

*4:我孫子サイエンスカフェは、アンケートでご記入いただいた情報を当カフェ運営以外の目的には使用しません。



オンラインでは飲料を提供できませんが、サイエンスカフェ(*)の精神は引き継いでゆきたいと考えております。

ご自身で用意したコーヒーやお茶をのみながら、ぜひ科学談議をお楽しみください。

「軽くワイン」や「ちょっとしたツマミ」もよろしいかと存じます。


*5:サイエンスカフェとは:

喫茶店内の会話のように平等で自由な雰囲気で科学的なテーマについて語り合い、気軽に楽しむことを目指したイベント。

講演会のように研究者や専門家からのほぼ一方的な情報発信ではなく、双方向であるのが特徴です。

参考:サイエンスカフェ:ウィキペディア



我孫子サイエンスカフェ − 自己紹介、はじまり、特長、カフェプラスを志して:会長 細谷暁夫

これまでのテーマ

当カフェの動画

講師紹介


トピックス

新型コロナの感染状況:NHK

ページの先頭に戻る


inserted by FC2 system inserted by FC2 system