我孫子 サイエンスカフェ
トップ これまでのテーマ 講師紹介 当カフェ紹介 宇宙の楽しみ 星に名前を2019 星に名前を2015 会場地図

「新型コロナウイルス感染症」拡大防止のため、つぎのサイエンスカフェを中止とさせていただきます。

お申し込みいただいた方々には誠に申し訳ありませんが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

中止:第54回 我孫子サイエンスカフェ:2020年3月29日(日曜)

中止:テーマ:「第1部 地球の理解のための火星学」

<参加申し込み>の欄に移動(左をクリック)


  
講師: 栗田 敬
東京大学名誉教授、日本大学・学習院大学非常勤講師

自分のことは自分が一番よく知っている、と考え

がちですが「他人目線」に立つと今まで知らなかっ

た自分というものを発見することができます。

地球も然り、お隣の惑星・火星の研究が地球の理解

にどのように結びつくのか、火星の気象学、火星

の火山学の研究成果から紹介致します。



栗田 敬博士
火星の二種類の火山


中止:テーマ:「第2部 キッチン地球科学の紹介」

  
講師: 栗田 敬

後半では現在取り組んでいる「キッチン地球科学」の活動を紹介します.

手を動かすこと(まずは自分でやってみろ!)、理解しがたいこと(簡単

に分かってたまるか)、展開性があること(あー、そうかで終わらない)

の要素を含む簡単な実験を様々な場に導入したいという意図で取り組んで

います。幾つかの実験の例とその背景を紹介します。

コーヒータイムには簡単な実験を行います。


味噌汁の2つの状態:Miso Static と Miso Dynamic


喫茶店の雰囲気で科学を語り合いましょう。

 コーヒーを片手に「サイエンス」をもっと楽しく知り、

 自然の謎としくみに思いを巡らせてみませんか。

 質問・議論 大歓迎!

あなたの参加をお待ちしています。
宇宙の話
 




           
我孫子サイエンスカフェの光景 
 
サイエンスカフェの光景(第49回宇宙の暗黒物質 -正体は原始ブラックホール? -:動画)
 
サイエンスカフェの光景(素粒子で探る宇宙の謎:動画)
 
★コーヒーブレークなどの光景(第52回農業と太陽光発電を両立!発電するビニールハウスの開発)
 
コーヒーブレークなどの光景(第50回光は波か粒子か、はたまた量子か)
 


日時 2020年3月29日(日): 中止      
会場 我孫子南近隣センター(けやきプラザ)9Fホール:我孫子市本町3-1-2      
<お間違えの無いように!>JR我孫子駅下車 南口徒歩2分
参加資格 どなたでも。原則として要申し込み(お菓子などをご用意します)
参加費 一般1000円、生徒(小学生〜高校生)300円 飲料、お菓子付     
家族割引:家族のお二人目から500円(例:ご夫婦で1500円)
申込み
中止
参加申し込み 
申込み
中止
TEL 0297−82−3070 福元(19時〜22時)      
E-Mail:abikoscience1@gmail.com (送信時は全角の@を半角英字の@と入力して下さい)

我孫子サイエンスカフェ − 自己紹介、はじまり、特長、カフェプラスを志して:会長 細谷暁夫

当カフェのこれまでのテーマ

当カフェの動画

会場への地図

参考 :サイエンスカフェとは?:名古屋市立大学大学院



トピックス

重力波望遠鏡KAGRA(かぐら)が観測を開始しました:東京大学宇宙線研究所

地質時代名に初の日本由来の「チバニアン」 国際学会が決定:サイエンスポータル



研究者募集


 当カフェの活動にご協力いただける我孫子や周辺地域にお住まい、またはお勤めの研究者を

募集しております。

講演につながるような活動をしてこられた科学者や科学技術者の方で、ご協力いただける方は

ぜひ下記にご連絡をお願いします。

Eメール:abikoscience1@gmail.com (送信時は全角の@を半角英字の@と入力して下さい)



ページの先頭に戻る

inserted by FC2 system